募集期間 
202091日|火|
〜 1130日|月|

伝えたい自分だけの深草・5学区いいとこ 伝えたい自分だけの深草・5学区いいとこ

応募者本人が撮影した京都市伏見区深草地域の写真、または深草地域に由来するものを被写体とした写真が対象です。写真の美しさを競うものではなく、深草の名所・旧跡はもちろん、自分のお気に入りの風景やお店、食べ物、市バス・バス停周辺の素敵な日常風景などをご応募ください。

京都市伏見区深草エリア

伝えたい自分だけの深草・5学区いいとこ 伝えたい自分だけの深草・5学区いいとこ

最優秀賞 1名様

インスタントカメラチェキ(フィルム付) instax mini90 ネオクラシックレッド インスタントカメラチェキ(フィルム付) instax mini90 ネオクラシックレッド

優秀賞 各2名様

スクリーン付きスマートスピーカー Echo Show5 チャコールカラー デジタルフォトフレーム8インチ moonka wifi デジタルフォトフレームwifi対応 画面8インチ スクリーン付きスマートスピーカー Echo Show5 チャコールカラー デジタルフォトフレーム8インチ moonka wifi デジタルフォトフレームwifi対応 画面8インチ

交通賞 1名様

チョロQメモ帳京ちゃん都くん チョロQメモ帳京ちゃん都くん

入選

  • 2名様京都産 米 10kg(稲荷山共栄会)
  • 4名様稲荷繁栄会 商品券 3,000円分(稲荷繁栄会)
  • 7名様図書カード 2,000円分(学校法人 聖母女学院)
  • 3名様こんにゃく製品(矢野食品株式会社)
  • 1名様kasco 靴下セット(六地蔵ゴルフ 株式会社)
  • 2名様婦人用バッグ(折井工芸)
  • 1名様コーヒー&紅茶券 11枚(喫茶グリーンテラス)
  • 1名様コーヒー券 10枚セット(喫茶みどり)
  • 4名様深草商店街 買物券 5,000円分(深草商店街振興組合)
  • 2名様鉄板串焼き 咲蔵 お食事券 5,000円分(鳥せい)
  • 2名様婦人用バッグ(KOLIN)
  • 1名様ステーキランチ「花」ペア券(ステーキハウス文琳)

※景品は選べません。また,景品は変更になる場合があります。

入賞作品は、令和3年1月9日(土)開催予定の第18回深草文化交流にて発表いたします。
その他、令和3年1月12日(火)に深草ふれあいフォトコンテスト特設ページ等において掲載いたします。

応募方法 応募方法

以下のいずれかの方法により応募してください。
作品数は1人5点以内とします。

SNSで投稿

STEP02投稿する

上記で使用したSNSから以下の2つのハッシュタグをつけて、自身の伝えたい思いをコメントに記入して投稿してください。

#深草フォトコン

#撮影場所(学区名又は町名でも可)

bottom line

応募フォーム

応募フォーム

特設ホームページの「深草ふれあいフォトコンテスト応募フォーム」から必要事項を記入して送信してください。

応募フォーム
bottom line

郵送または持参

郵送または持参

応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入して以下の住所へ郵送またはご持参ください。
*写真サイズはA3サイズ以下

宛先
〒612-0861 京都市伏見区深草向畑町93-1
深草支所まちづくり推進担当 松岡・岡本宛

応募用紙ダウンロード
bottom line

みんなの投稿を見てみよう みんなの投稿を見てみよう

image

#疏水

きれいな桜紅葉。春にはまた見事な花を見せてくれることでしょうね。

image

#京阪藤森駅付近の疏水

疏水にかかる、いくつもの橋。その奥に見える遠くの山。京阪の鉄塔の横に小さく見える京都タワー。この橋を通ると、いつも眺めています。

image

#エコセン屋上

京エコロジーセンターの屋上から。太陽光パネルの向こうには、大阪が見えるかも⁈

image

#藤森神社

提灯の火がまだ残る境内でのラジオ体操。清々しい一日の始まりです。

image

#藤ノ森学区 墨染ダム

この写真の向こう側はダムで水力発電所です。その昔は伏見インクラインとして一日百隻もの舟を上げ下げしましたが、昭和18(1943)年に一般運行を中止、昭和35(1960)年にはレールを撤去し、現在は唯一、市バスの停留所にその名を留めています。今残されていたなら貴重な観光資源となっていた事と思います。

image

#藤森神社

藤森盆おどりフェスで子どもたちの協力によりきれいな紙灯篭ができました。

image

#藤森神社

毎年秋に藤袴の花が見事に並びます。そこに、熱帯から必死に飛んでくると思うアサギマダラ蝶が時折り見られます。

image

#藤森学区 直違橋1丁目

七瀬川に架かる橋ですが、常には見向かれ無い橋の下は、昔に作られた石の見事な円形が見られます。

image

#藤森学区、墨染ダム

この向こうにダムがありますが、その昔1959年に姿を消した伏見インクラインが有りました。もし現存していたなら貴重な観光資源になっていたはず。今は市バスの停留所に名前を残しています。

image

#竹田小学校南門前

今に伝わる慣わし。道路の上にしめ縄が、勧進縄と言うそうです。鬼門に当たる道を横断し、内側の安全を祈願する風習だそうです。此処は北向不動尊の参道になる様です。

image

#加茂川運河 墨染橋

墨染橋よりふと北を見ると、素晴らしい青空に元気いっぱいの入道雲が!見とれるうちに、こちらにも元気を頂きました。

image

#大亀谷

大亀谷は坂の多い町。その坂を毎日登校する元気な子供たち。子供たちを見守るお地蔵さま。お地蔵さまをお世話する地域の方々。ずっと続いて欲しい美しい日々の姿です。

image

#お城が見える町角

墨染通りの坂をまっすぐ東に登り、踏切を過ぎて少し歩くと、右側に入った細い通りから、桃山城がまん前に見える一角があります。私はこの風景が大好き。お城の見える町って素敵だと思います。

image

#大亀谷

深草の町を歩くときの楽しみの一つに、他人様の家に咲く花を愛でることがあります。薔薇屋敷、ミモザ屋敷、紫陽花館、水仙の小路など、勝手に名前を付けて毎年の楽しみにしています。こちらもその一つ。坂の町に咲くピエール・ド・ロンサ一ルの美しいお宅です。

image

#大亀谷

大亀谷は坂の多い町。アップダウンの激しい地形を歩くのは、慣れないときついですが、景色の変化を楽しめます。毎朝の集団登校で、そんな坂道を一生懸命歩いている元気な子供たちの姿は可愛らしくとても癒されています。町ごとに祀られたお地蔵さんが、そんな子供たちをそっと見守ってくれています。

image

#JR藤森駅

JR藤森駅のターミナルに大きな木があります。私はこの木が大好きです。暑い夏は涼しい木陰を作り、鳥は憩い、根元には丹精こめて育てられた季節の花が咲き。ご近所の福祉農園に通う人たちが毎朝交代で、周辺の掃き掃除をされている様子も微笑ましくて癒されています。

image

#深草大亀谷

JR藤森の前の通りをまっすぐ東に歩いて坂をのぼると、坂の上から京都の街が見渡せます。鳥居や舟形、左大文字も小さいけれど見えます。犬が生きていた頃はお散歩コースでした。新しい住宅で景色が見えづらくなって来ていますが、立ち止まって野鳥の声を聴くのはとても気持ちがいいです。

image

#野菜販売所

大亀谷には野菜の自販所が数か所あって、農家の方々の作られた新鮮でおいしい野菜が売られています。僕のお母さんは、だいたい毎朝お散歩がてら、其々の自販所を回って、野菜を買うことを日課にしています。高齢化で年々少なくなっているそうですが、美味しい野菜が食べられるように、いつまでも続いて欲しいです。

image

#深草大亀谷六躰町

JRの線路に沿って墨染通りを南に渡り小さな坂をのぼると、お地蔵さんが祀られている一角があります。手作りの赤い涎掛けをかけた可愛らしいお地蔵さんの周りには、いつも綺麗な花が咲いています。ご近所の方々に守られているのだなと思い、この前を通るといつも癒されます。

image

#深草トレイル

エイエイオゥ!トレイルトレイル エイエイオゥ!

image

#宝湯

昔ながらの銭湯いくよ!お父さんもおじいちゃんも御世話になってます!

image

#疏水藤森駅

2020年4月7日、まるまるの満月!疏水べりを夜の散歩中。その昔、深草に住む平安貴族たちもこんな風に月を愛でてたのかも…とふと思いを馳せ、いとおかし。

image

#深草支所

スマホ講習会

image

#深草綿森町

夕刻に龍大と街路樹のシルエット。いつ見ても絵になるなあ、深草。

image

#深草小久保町松廣

サンタさんの趣味は「釣り」みたいです。忙しくなるクリスマスまで、あと少し。。もう少しだけ。。のんびり一休み。。。

image

#深草坊山町

たけのこです。にょきにょきといっぱい出てます。深草の竹山、5月の風景。

image

#深草綿森町京阪踏切

あーあ、上りも下りもに引っかかってしもたー…と、いつもなら思うけど、なんだか今日は美しい。小さな踏切、みんなの安全を守ってくれてる。

image

#疏水藤森駅

駅への道。毎日通るごとに色んな顔を見せてくれる。桜の季節にはこんなに素敵な花のトンネル。ほかのどこよりも私の最高のお花見スポット。

image

#藤森学区

白砂村荘にて 草月展 華展10月11日出展

image

#深草金森町内

結婚47周年を祝って咲きました(^-^)月下美人の香りが最高やなぁ((o(^∇^)o)

image

#藤森神社

紫陽花が見頃でした、雨上がり、とってもきれい。

image

#稲荷大社

お稲荷さんにのぼりました老体に鞭打って(^o^)

image

#藤森学区

ある日のお気に入りの朝焼けです。

image

#深草学区

医療センターには色々お世話になりました。

image

#藤森神社

夕方子ども達が楽しく遊んでいます‼

image

#高松橋ひろば

今年はじめての「高松橋ひろば」でイベントを10月25日開催、秋晴れの中、笑顔 笑顔 笑顔 楽しかったよ♪

image

#藤森神社

あじさいが満開です、色々な品種がありますよ。

image

#藤ノ森学区

今年は、寂しい大文字焼き、昨年の写真から、来年を楽しみに !

image

#深草墓園

キンモクセイの香りが気持ちいいですよ~

image

#稲荷

無人の伏見稲荷神社です。

image

#西出町

昔の炭消し壺です\(^_^)/

image

#花の山重

花の山重さんのサンタさん。リアル過ぎて見惚れる。

image

#深草交番前

登校時 子供の笑顔 守りたい 雨風負けず 今日も頑張ろ

image

#大岩山

ひっそり咲いたヤマザクラ。誰にも見られなくても美しい。

image

#藤森神社

藤森神社の紫陽花です。

image

#深草支所

スマホ講習会

image

#伏見稲荷大社

伏見稲荷大社の神田の稲刈りも終わり、京都は秋本番

image

#砂川西公園

砂川西公園のアジサイ

image

#JR藤森駅

夏の終わり、夕方に見つけました。少し癒されたかなあ!

image

#川久保町

砂川学区東高瀬川に毎年挨拶に来るかいつぶりの夫婦

image

#藤森神社

手づくり市にて、いい香りのコーヒーが淹れられるのを待つ夕暮れ。ここに住んで1年。地域の行事を楽しめるようにもなって、少しだけこの街に馴染んで来たかな?

image

#伏見稲荷大社

11月のとある朝。霧の伏見稲荷大社参道、神秘的です。

image

#琵琶湖疏水キトロ橋付近

11月の霧の朝です。疏水べりの紅葉も色づいてきました。

image

#伏見稲荷大社

何十年振りかに歩いた千本鳥居

image

#常秦寺

最近は見かける事の少なくなったりっぱな鯉のぼりが常秦寺にありました。

image

#藤森神社

今年はコロナ渦で見ることができませんでしたが、毎年勇壮な神輿神事には感動します

image

#大岩山展望所

ここから見る夕焼けは本当に綺麗で最高です。ときどき見に行って癒されています。

image

#大岩神社

今は誰もいない大岩神社社務所の休憩所。ひっそりと残る黒板には大岩山の整備が完成した感謝の絵が描かれていました。みなさん大岩山に不法投棄しないで下さいね。

image

#大岩神社

深草最強のパワースポット大岩神社。京都出身の日本画家・堂本印象デザインの鳥居が象徴的です。

image

#師団街道龍大前

かつて陸軍のための師団街道と第一軍道。まちなかに残る戦争の痕跡です。

image

#深草極楽町

かつて軍人が汗を流した銭湯、その名も軍人湯。今もまちなかに残る軍人湯とコインランドリーの看板が面白い。

image

#伏見稲荷大社

人生は選択の連続。選んだ道。

image

#深草支所

スマホ

image

#稲荷学区

車坂の枝垂れザクラ

image

#砂川学区

桜島公園で子供達と清掃をしているところです。

image

#砂川学区自宅

一本の茎から15個の花が咲きました。とても綺麗だったので皆さんに見てもらいたいと思います。

image

#砂川小学校前

コロナ禍の一年生

image

#車坂町

京都市内、良く晴れてきれいだなー

image

#砂川鳥居前町

虹、月とってもきれいだよ

image

#京都市伏見区 #伊藤軒

休日のお出かけランチ リンゴパイソフトも美味しゅうございました

image

#横縄橋

わきたつ雲
碧の運河
岸和田煉瓦の小径

image

#深草橋

京阪電車を降り、深草橋を渡るたびに、一日の嫌なこと辛いことが消えていきます。

image

#大岩神社

大岩神社の崩壊した鳥居

image

#伏見稲荷

鳥居のお墓??

image

#稲荷山大岩神社

山肌から剥き出した、大きな岩全体が御神体。稲荷山最大のパワースポットの一つ。ここに立つと、目に見えない力を、感じます。

image

#琵琶湖疏水(鴨川運河)相深橋付近

疏水と京阪電車,よくマッチしています

image

#伏見稲荷大社

人の少ない伏見稲荷大社、千本鳥居へ続く階段もとても物静かでした。

image

#伏見稲荷

京都の伏見稲荷に出かけまして、伏見稲荷のお山を降りてきた道で猫が出迎えてくれました。人慣れしてるのか全然怖がりません。

image

#JR藤森駅

藤城、藤森の玄関口にある、翔け未来へ像。沢山の笑顔を見守っている。

image

#藤城

ハッピーハロウィン 今年は中止で残念(;ω;)

image

#藤城

古御香神社に至る坂道に立つ木です。夕陽を浴びて綺麗でした。夕陽に映える老木の姿に、心惹かれました。木漏れ日の道を歩くのが大好きです。

image

#藤森学区

初めて見た二重の虹

image

#藤森学区

五歳。
初め自転車にのれました。

image

#墨染町

庭に咲きました。

image

#藤森

小学校のサクラです。

image

#藤森学区

藤森神社のお祭り

image

#まちくらセンター

クリスマス

image

#深草疎水

こころ和む!なかよし

image

#デイリーカナートイズミヤ

買い物に行くとこです

image

#開土口町

満開のさくらです

image

#稲荷神社

今年はコロナ拡大で藤森祭りなかつたけど、

image

#深草

メロンおいしくできました

image

#深草坊町

ステンドグラスの作品です

image

#京阪深草駅

深草のそす、(ぼく)と散歩

image

#稲荷学区

うずら鳴くなり深草の里 知ってますか?俊成さんのお墓 こんなところにあるんや。

image

#藤城

我が家の芙蓉花です。

image

#伏見駅近く業スー前

鉄道好きにはたまらない
春の楽しみです(^o^)

image

#藤森神社

よく見るとおでこに蚊が止まっています 可愛いんだけどちょっと可哀想でもあるナイスショットになりました

image

#稲荷 #JR稲荷駅裏疎水
#京阪藤ノ森駅前疎水

幻想的な千本鳥居を写しました

image

#藤ノ森学区 #深草中ノ島町

ツツジとクマバチです。近くに藤の花もあり、たくさんのクマバチを見ることができます。

image

#藤ノ森学区 #深草中ノ島町

藤の花です。毎年きれいな花を咲かせてくれます。

image

#藤ノ森学区 #深草中ノ島町

テントウムシとアブラムシ。春になったと感じる瞬間です。

image

#藤ノ森学区

身近にたくさんの生き物を見ることができます。小さな生き物を大事にしていきたいと思います。

image

#藤ノ森学区

ツバメです。毎年墨染駅周辺に巣を作るのを楽しみにしています。

image

#藤ノ森学区

アオダイショウ発見‼

image

#伏見区池ノ内町

出かけなくても、すぐそこの公園は、秋を感じられる

image

#嘉祥寺近辺のハイク路

歴史とロマンを訪ねて伏見街道をハイキングしました。

image

#石峯寺

石峯寺にお参りしたら必ず裏山の石仏五百羅漢もお参りします。

image

#石峯寺

世間は、今でこそブームになって騒がれていますが、私は小さい時から若冲の作品が好きでよく訪れお参りしています。

image

#聖母学院(16師団司令部庁舎跡)

父親から聞いていた16師団の話をたよりに歴史散歩道巡りをしました。

image

#師団橋

伏見の歴史街道をウォーキングしました。父親から聞いた師団街道の話に感銘を受けました。

image

#疎水の桜

冬来たりなば春遠からじ 早くコロナが終息して欲しいです。

image

#藤森神社

駆馬神事 来年はまた見られたらいいね

image

#西浦南公園

近場で綺麗にお花を植えてくださってます*\(^o^)/*子供が5ヶ月ぐらいの時も来ました。植えてくださってる方々、ありがとうございます。

image

#藤森神社

10月18日(日) 藤森神社にて てづくり市に行き、雨上がりの境内に 秋空のもとフジバカマが綺麗に咲き、蝶もやってきてました。境内に秋の味覚や、淹れたて美味しい珈琲屋さん 等 多数のお店が並びにぎわってました。

image

#藤森神社

10月18日(日) 藤森神社にて てづくり市に行き、雨上がりの境内に 秋空のもとフジバカマが綺麗に咲き、蝶もやってきてました。境内に秋の味覚や、淹れたて美味しい珈琲屋さん 等 多数のお店が並びにぎわってました。

image

#伏見稲荷大社

今年の大祭はコロナのため中止も講員大祭献品が全国から

image

#茶碗子の井戸 #深草野手町

➂その昔、宇治川までお茶の水を汲みに行った茶人の使いがうっかり水をこぼしてしまい、近くにあったこの井戸の水でお茶を点てたとか。主人は宇治川の水ではないと気づいたが、この水の方が美味しいと褒め、以後宇治川まだまで水を汲みに行がなくて良くなったそうです。

image

#茶碗子の井戸 #深草野手町

➁伏見稲荷大社の前の道を南に下り、路地を東に、踏切を越えると路傍の地蔵堂の横に井戸がみえます。

image

#茶碗子の井戸 #深草野手町

➀琵琶湖疎水は琵琶湖から山を越えて東山の蹴上を通り、京都市内を南下して宇治川と合流した後、淀川となって大阪へ流れていきます。

image

#墨染通り

ニュースミゾメガール

image

#墨染通り

ニュースミゾメガール

image

#墨染通り

ニュースミゾメガール

image

#墨染通り

ニュースミゾメガール

image

#墨染通り

ニュースミゾメガール

image

#京阪藤森駅近くの疏水

桜満開!お花見の人影もコロナ渦で無く、提灯が寂しそうでした

image

#深草十九軒町付近疏水

毎年水が無くなった疏水にはシラサギやアオサギがやってきます 美しい風景を見せてくれます

image

#伏見稲荷大社

体験した事のない人がいない伏見稲荷でした。「人すくなー!」

image

#稲荷大社

十石橋|お稲荷さんの朱塗りの橋。稲荷小学校では、この橋を十歩で、渡りきると幸せになるとの、都市伝説が、昔からあるそうです。

image

#宝塔寺

朱い仁王像|七面山の中腹で、睨みをきかせてくれています。その鋭い眼光で、新型コロナウイルスから、深草の街を護っていると、私は信じています。

image

#稲荷学区

コロナに負けない

image

#深草勧進橋町

鴨川沿の桜の花びらを拾ったよ。子供の小さな愛らしいおててが可愛い。

image

#深草勧進橋町

毎年鴨川沿の桜の下で子供の成長記念に写真を撮っています。

image

#深草勧進橋町

毎年鴨川沿の桜の下で子供の成長記念に写真を撮っています。

image

#深草勧進橋町

毎年この大きな桜の下で子供の成長記念に写真を撮っています。

image

#伏見稲荷大社

子供の長寿と幸福を祈願して

image

#京都市深草墓園

コロナ禍の収束を、ご先祖さま達も見守ってくださいますよう…

image

#大岩神社

ウォーキングを頑張ったお陰であちこちゆっくり回れました、、、大岩山も神秘的で珍しい石の鳥居(堂本印象寄進)も歩いたおかげで見つけた!

image

#伏見稲荷大社

今年はほんとに素敵な中秋の名月でした。絶対綺麗なはずと、散歩がてらの1枚。Happyな気分になれました!

image

#深草下川原町の自宅マンション

祭りもすべて中止で寂しかった、、、きっとウィズコロナでまた、楽しい祭りが再開されますよう!伏見稲荷大社の本宮祭りの山の鳥居より

image

#伏見稲荷大社

コロナ禍で大変な日々を過ごしましたが、その代償に頂けたonlyな観光地もありました…

image

#伏見駅

きれいな夕焼けでした!京都の暮らしにも慣れてきました:)

image

#藤森神社

遥か昔から、この地を守り、移りゆく季節と時代を今も見守り続ける…地元に愛され、歴史好きや、刀剣ファン・刀剣乱舞のファンも訪れる、藤森神社。これからもその地に住む人々を訪れる多くの人々を見守り続ける。神聖なる場所…

image

#稲荷大社

伏見稲荷の眷属「神狐」。楼門のライトアップの前で、通る人々を、静かに見守ってくれています。

image

#深草大亀谷大山町

大亀谷の夕景

image

#藤城学区

通勤等に癒される風景です

image

#相深公園

綺麗な公園でパパと遊ぶのが大好きです。

image

#相深公園

いつも綺麗に整備されている公園が好きです

image

#伏見稲荷大社

最近歩けるようになった1歳の息子。赤いトンネルを通り抜けるのが楽しくて堪らない様子。子どもから大人まで楽しめる、深草の魅力溢れる場所だなと改めて感じました。

image

#京阪藤森駅

春の疏水 桜のピンクと疏水のグリーンのコントラストが毎年綺麗です。

image

#京阪藤森駅

秋の疏水 落ち葉が疏水にゆらゆら流れていく様子はずっと見ていられます。

image

#綿森橋

京都、深草プティブランの幸せのクリームパン。幸せのクリームパンらしく、優しい甘さでほっこりさせてくれるのと、ザラメかな?ちょっとアクセントのある食感の部分がおいしかったです。

image

#深草学区

今年は来てくれるかな

image

#宝塔寺

綺麗な西日が差し込み、とても幻想的です。

image

#藤森駅前疎水

鴨が沢山のどかに浮いています。

image

#大亀谷

秋分の日が近い夕暮れが美しかったので、散歩中に撮りました。

image

#深草学区 自宅二階

極楽寺町 自宅二階からの夕焼け。近所の和風の家の屋根から望む真っ赤なら夕焼けが綺麗でした。

image

#大岩街道沿い

大岩街道沿いの観修寺ぶどう畑と深草竹林と秋空の色合いが素敵。懐かしい感じがする。

image

#稲荷駅

早朝の稲荷駅 街中なのに田舎まちの雰囲気があって素敵。赤い駅に灯りが優しく感じる。

image

#稲荷神社

早朝の人のいない稲荷神社は厳かな雰囲気を感じられる場所です毎朝の参拝が日課です。朝の月がまだ残っていました。

image

#墨染つどいの広場

今年は至る所で開花前に切られてしまった藤の花、来年はコロナが収束して満開の藤棚が見られますように!!

image

#藤森駅から南側の疎水沿い

まだ虚ろな眼を手で擦りながら、極楽橋を渡り、疎水沿いへ。ハラリハラリ白い花びらが手の隙間から覗く。ハッと手を離し、上を観ると満開の桜。通り抜ける頃には、目線は上へ、手足は軽やかに。今日も1日頑張るか。

image

#深草総合庁舎

きれいな花が咲きますように!

image

#深草学区疏水沿い

「秋桜」

image

#大亀谷

春が待ちどおしい

image

#深草支所

今年は額紫陽花がとってもキレイに咲いてました✴

image

#深草越後屋敷

いつもベランダから眺めるこの夕日がとても好きです初めてパノラマで撮影してみました

image

#伏見稲荷大社

今年はお祭りがなくてなくて残念でしたが来年は開催して欲しいですね

もっと見る

募集要項 募集要項

応募資格 どなたでも御応募いただけます。
募集写真 テーマ「伝えたい自分だけの深草・5学区いいとこ」
応募者本人が撮影した京都市伏見区深草地域の写真、または深草地域に由来するものを被写体とした写真が対象です。
写真の美しさを競うものではなく、深草の名所・旧跡はもちろん、自分のお気に入りの風景やお店、食べ物、市バス・バス停周辺の素敵な日常風景などをご応募ください。
募集期間 令和2年9月1日(火)~令和2年11月30日(月)
選考方法 全ての応募作品の中から、主催者(深草ふれあい事業実行委員会代表者)及び京都市交通局で選考します。
入賞作品の発表 入賞作品は、令和3年1月9日(土)開催予定の第18回深草文化交流にて発表いたします。また令和3年1月12日(火)に深草ふれあいフォトコンテスト特設ページ等において掲載いたします。

※SNSで応募された入賞者には、公式アカウントからダイレクトメッセージにて連絡いたします。メッセージの送信後1週間以内に御返信がない場合は入賞を無効とさせていただくことがあります。
※SNS以外で応募された入賞者には、応募時に記載された連絡先に連絡いたします。最初の連絡から1週間以内に御返信がない場合は入選を無効とさせていただくことがあります。
※受賞者については、お名前(又はSNSのユーザーネーム)を公表することになります。また、選考に関する電話問合せには応じられませんので併せて御了承ください。
デジタル
フォトブック
何点かの応募作品については、主催者が製作するデジタルフォトブックに掲載する予定です。
規約の承諾 本コンテストに応募された時点で,以下の「深草ふれあいフォトコンテスト規約」について承諾されたものとします。
主催 深草ふれあい事業実行委員会
協力 京都市交通局

注意事項

・ご本人が撮影した写真のみ対象です。
・著作権に違反する写真、人物の写っている写真、他人のプライバシーを侵害するおそれのある写真の投稿は、応募が無効となる可能性があるのでご注意ください。応募者以外に被写体となっている人物がある場合には、投稿前にその方から許諾を得てください。
・SNSを使用して応募される場合、入賞通知は使用されたSNS(インスタグラム、フェイスブック又はツイッター)のダイレクトメッセージにて行います。ご返信期限内に連絡が取れない場合には、入賞は無効となることがありますので御注意ください。
・SNSを使用して応募された場合、応募期間中は、使用されるSNS(インスタグラム、フェイスブック又はツイッター)のアカウントを「公開」の設定にしてください。
・投稿していただいた全ての写真は、深草ふれあい事業実行委員会又は深草支所が深草のPRを目的として発行する印刷物、ウェブサイトへの掲載や、イベント等での掲示等に無償で使用させていただくことがありますので御了承ください。
・郵送又は持参にて応募された場合、応募写真についてはコンテスト期間中及び終了後も返却いたしませんので御了承ください。

応募規約

【コンテスト対象】
・応募者本人が京都市伏見区の深草地域で撮影した写真、もしくは深草地域に由来するものを被写体とした写真を対象とします。
・応募者以外に被写体となっている人物がある場合には、投稿前にその方から許諾を得てください。
【応募資格】
・応募は日本国内の方に限りませんが、入賞商品発送の都合上、商品の発送は日本国内に限らせていただきます。
・次のいずれかに該当または該当するおそれがあると主催者が判断した場合には、応募が無効となりますので、ご了承ください。
(1) 応募後、審査確定までの間に削除されたもの
(2) 非公開アカウントから投稿されたもの
(3) SNSで投稿する場合、投稿に「#深草フォトコン」「#撮影場所」のハッシュタグがないもの
(4) SNS以外で投稿する場合、所定の必要事項に記載のないもの
(5) 第三者の著作権、肖像権、その他の権利、プライバシーを侵害するもの
(6) 公序良俗、法令に反するもの
(7) 立ち入り禁止、撮影禁止場所で撮影したもの
(8) 他の個人、企業、団体などになりすましたもの
(9) SNS(インスタグラム、フェイスブック又はツイッター)の利用規約に違反するもの
(10) 本コンテストの適正な運営を妨げるもの、その他主催者が不適切と判断するもの
【応募された写真の取扱】
・著作権は撮影者から譲渡されないものとします。ただし、応募者は、深草ふれあい事業実行委員会及び深草支所から許可を受けた第三者に対し著作者人格権(※)に基づく権利の主張を一切行わないものとします。投稿していただいた全ての写真は、予告なく深草支所が関係するSNS 等で再投稿(リポスト)させていだたくほか、深草地域の魅力発信を目的として発行する印刷物、ウェブサイトへの掲載や、イベント等での掲示等に無償で使用させていただくことがあります。(※)応募された写真の使用にあたり、必要に応じてトリミングやデザイン処理などの加工をする可能性がありますので、御了承ください。
【入選者への連絡】
・SNSを使用して応募された入選者へは、公式アカウントからダイレクトメッセージの送信しますので、送信後1週間以内に返信が無い場合は、入選を無効とさせていただくことがあります。
・SNS以外で応募された入選者へは、応募時に記載された連絡先に連絡いたしますので、最初の連絡から1週間以内に返信がない場合は、入選を無効とさせていただくことがあります。
【その他】
・主催者は、本コンテストの応募により応募者に生じた一切のトラブル・障害などについて、直接・間接を問わず、いかなる責任も負いません。
・本コンテストはインスタグラム社、フェイスブック社及びツイッター社が運営などに関与するものではありません。
・投稿時の送信中の事故、データの損失、喪失については一切責任を負いません。
・応募に当たっては、第三者の肖像権、著作権その他の権利を侵害することのないようにしてください。第三者と紛争が生じた際は、応募者自身の責任と費用負担によって解決していただきます。

令和2年8月31日制定

お問い合わせ

事務局:
深草支所まちづくり推進担当

075 - 642 - 3203
bottom line